FC2ブログ
category未分類

時間

trackback0  comment0

コルカタからバラナシまで鉄道で行った。

時間通りには来ないことも承知の上で、バックパックを背負い人混みの中、待ち続けること、、

14時間

老人と海を何回読んたか、、、

旅人同士で本を交換する習慣が、私の周りではあったので、その時私の手元には、老人と海、があったのだ

もしもの事を考えて帰りの飛行機に一日の余裕を持たせていて正解だった。

その14時間の間に繰り返された、フォレストガンプ並のインド人との、一期一会は特に意味のないものも含めて、一生忘れないなぁ

今、毎日お客様をお待たせしないために30秒のロスもしないよう頭をフル回転してる毎日だけど、同じ地球上で場所が違うだけでこんなにも差があるって、つくづく面白いなぁ
New «‡Top» Old